ブログで稼ごう!ブロガー応援団長

ブログで収益化で一緒に頑張ろう!

無駄なブログ記事の量産はやめましょう!

意味の無いブログ記事はゴミ同然?

f:id:jwwaterman:20210107190814j:plain

ブロガーの方の中には「とにかくブログを量産する」ことだけを念頭に置いてコンテンツを作成しているかもしれません。そういった記事は得てして中身が無くユーザーからも注目されることはありません。 

なぜ無駄になってしまうのか? 

ご存知の通りですが新しい記事はすぐにはインデックスされません。また記事数が100以下ですと検索されることもほとんどありません。もちろん最初からアクセスが集中する記事もあるかもしれませんが、ごく一般的な事例で考えたいと思います。

インデックスされないと誰からも検索して見に来てくれることがありません。SEOを万全に施したとしてもすぐには結果が出ないことも多くあります。そうした中でとにかく記事をたくさん作って早くアクセスを伸ばしたいと思うかもしれません。

しかし例え100記事達成できたとしてもアクセスを集められないコンテンツはほとんど見られることがありません。恐らく自分以外は見られることが無いのです。その理由はブログの中身が「何も無い」からです。

量産記事でありがちな内容

収益化できているブロガーさんのほとんどが気付いていることですが、ブログはユーザーにどれほど価値を提供できるかがポイントになります。

つまりブログから何かを得たという実感があるものにはユーザーからの評価が高まります。それによって記事の評価が上がり、より検索され易くなります。その評価は変動がなくなり安定的なアクセスを生み、結果として収益を上げていくことになるのです。

ところが単に量産するだけのブログには最もらしい文章ではあるものの学びや価値提供が不十分だったり、ありきたりの情報でしかない場合が多く、あまり価値が得られないものだと判断されるとすぐにブログから離脱されてしまい再びアクセスされることはもはやありません。

よくありがちなのは「今日はこれをしてみた・・・」「〇〇を購入した・・・」といった自分の感想を綴ったものです。ただ自分の感想だけしか書かれていない記事です。これだと単なる日記と同じでユーザーにとって価値を提供できていません。

どうやったら価値提供する記事になるのか?

それは「学び」を取り入れることです。

例えばご主人さんの担当になりがちな「換気扇の掃除をしてみた」というテーマでしたら、まず換気扇の種類や形、用意できるもの、掃除できる部分の分解の仕方、かかった時間などを分かり易く説明します。その際に感想を入れることもできますが、「注意点」をピックアップさせることで「学び」を提供できます。

例えば、「取り付けネジは小皿に入れて無くさないようにすること!」「服が汚れないように〇〇すること!」など、よくありがちな失敗談から注意事項を取り上げます。

またよく分からない部分があればネットで調べましょう

コピペはせずに調べたことを自分なりに手順や仕組みなど分かり易く記事にしていきます。さらに作業の写真をスマホで何枚か撮って具体的なものにすることも大切です。最後にまとめの文章を書いて締めくくります。

こうした記事は読んで参考になりますよね?

意味あるブログ記事は1つの財産

f:id:jwwaterman:20210104071938j:plain

上記のような記事を更新していけば100記事書く頃には少しずつアクセスが集まり始めるかと思います。さらに200記事、300記事と積み重ねていくことで多くのアクセスを呼び不動の検索上位を狙うことが可能になるのです。

そうなれば自然と収益を発生させます。アドセンスをしていれば1日500円〜1000円稼げるようになります。また同時にアフィリエイトしていれば商品が売れて成果報酬も入ってきます。何もしなくても利益が発生する言わば「権利所得」になるのです。

そこで定期的に自分のブログを見直すことは大切です。

 ブログの作成作業が必ずしも楽しいだけではありません。「でもいつか自分の記事を見て参考にしてもらえる人がいる!」と思い描いてネガティブな感情を打ち消すようにしてください。そこを乗り越えていくとブログをやっていて良かったと思う日が必ず来ます。

正しい努力は報われる

f:id:jwwaterman:20210106074702j:plain

ブログを毎日投稿することには努力が求められます。それだけでも大変なことです。諦めないで続けていくことは重要な要素ですが、正しい努力でないと意味がありません。冒頭で挙げたようにただ無意味な記事を量産し続けていてもかけた時間に見合う成果を刈り取ることは極めて難しいと言えます。

どうせやるなら正しい方法で正しい考え方で取り組む方が賢明です。

自分は単なる自営業者ですが、ユーザーをいつも思い描いて記事を描き続けました。特化型ブログなので爆発的なアクセスはありませんが、毎日2000PVくらいになります。少しずつですが収益も上がってきています。

同じブロガーとして情報共有してブログの素晴らしさを実感してほしいと思っています。どんな人でもそれは可能です。何度か挫折も経験しましたが今は頑張って良かったと思っています。ブログ初心者の方はぜひ頑張ってくださいませ。

ブログを成長させるにはリライトを忘れるべからず

ブログのパワーを強化するには

ブログパワーを強めるためには定期的に過去にアップし記事を見直して増強させることです。特にブログを始めた当初の記事を読むと「物足りなさ」や「分かりづらさ」などに気付かされます。そう感じた記事は是非リライトしましょう。

こちらの記事も参照ください!⬇️

jwwatermanblog.com

今回は以前の記事の追記となります。次の3つの点を取り上げて考えましょう。収益を上げるブログにするために必要な作業です。

  • 説明を加える
  • 見出しを加える
  • 写真や絵を足す

もっと分かりやすい詳しい説明を加える

一通りの説明でももっと分かりやすくすることができませんか?言葉の意味を解説することができませんか?順序良く説明できてますか?初めて読む人にも理解できますか?

こうした点に十分応えることが大切になってきます。つまりユーザーの評価に繋がります。良質な記事と判断されれば自然と被リンクを受けるようになります。そうなればブログの評価もグンとアップすることになるのです。

自分の知識だけですと語彙力や解説力が足りない場合があります。そんな時はググって他の見識者からの知恵を学びましょう。記事の裏付けになる根拠やデータはコピペしない限り参考にすることができます。

政府系のサイトなどのデータを参照する際には「〇〇省の統計データ」などとリンクなどと一緒に記入すれば自分の記事の信憑性も高まります。新たな情報を追記することでブログのボリュームを増すことができるのです。

見出しやフォント・色を見やすくする

見出しを加えることでユーザーは整理して記事の内容に付いて行くことができます。文字が並んでいても理解しやすい説明にもなります。大切な点はフォントや色を変化させて強調することで見落としなどの注意喚起が可能になり、記事の有益性が高まります。

見出しは必ずしも型にハマったものである必要はありません。例えば項目ごとに見出しを作ることも可能ですが、途中で「しかし!それだけではなかった?」などの表現も見出しとして使うと記事が面白く感じられます。

文字の色はあまり多様しないことが前提ですが、あるキーワードに色を付けたなら記事内での同じ全てキーワードも同じ色で統一すると見やすくなります。見出しも大見出しと中見出し、小見出しとそれぞれ同じカテゴリー内では同じ色を用いることで記事の構成がしっかりとして見えます。色をつけたなら強調の意味も込めて太字にしましょう。

こうしたちょっとした文字の感じがブログ全体の印象を良いものにさせる効果を生みます。アクセスした人が読んでみようという意欲を促す効果も生じます。

画像や挿絵を効果的に使う

記事を見やすく理解しやすくす上で視覚に訴える方法は非常に効果的です。今はライセンスフリーで様々な画像やイラストを無料でダウンロードできます。間違ってもネットで拾ってきた画像をむやみに保存して転載しないように注意してください。

気が付かないうちに著作権違反になってしまう危険があります。画像は有料でも購入することが可能です。資金に余裕があれば有料の画像やイラストを使うことで他のブログで使われているような無料の画像と重なることはなくなります。

画像やイラストを使う場合は、記事と関連性のあるものにしましょう。全く関係ない風景や人物の画像やイラストは意味を不可解なものにしてしまう危険もあります。抽象的なものでも良く厳選してユーザー目線で不快にならないものを使用しましょう。

以前のブログを見直して以上の点を加味してリライトしていくと記事の質を高めていくことに繋がります。また内部リンクを貼っておくことで別のブログの検索ボリュームを高めることにも繋がっていきます。

 一気に書き上げるか時間をかけて書くか?

これまでの内容からブログを書く際に徐に一気に書き上がることも可能ですが、言葉を選びつつ入念に記事を作成することもできます。有名なブロガーの方も1記事上げるのにかなり時間をかけているとお聞きしました。

例えば皆さんの中にはこれまでブログを1時間または2時間で書き上げていたかもしれません。それでも確かに良質な記事が書けるかもしれませんが、1日置いて見直してみましょう。そうすると昨日では思いもつかなかった観点やフレーズが浮かんできたり、言い回しに調整を加えたりしてブログにさらに魅力を持たせることができるようになるかもしれません。

ブログは資産です。こちらでも取り上げています。

jwwatermanblog.com

 1記事1記事が自分の資産だと思ってみましょう。大切に積み上げて行くべきではないでしょうか?乱暴に短絡的に作業してはいけません。1文字1文字を魂を込めて打ち込みましょう!

例えアクセスが今のところ伸びなくても諦めなければきっと成果が見えてきます。このブログも始めてまだ2ヶ月で全然伸びてません。しかし、続けて行くことでいろんことが学べます。これからも頑張って参りましょう!

ブログを上位表示させるにはどうすればいいの?

ブログを何とかして上位表示させたい!

自分のブログにアクセスが集まらない主な原因となっているのが検索して上位表示されていないことです。あるキーワードでGoogle検索して最初のページもしくは2ページくらいまでにあなたのブログがインデックスされていますか?

NO!の方は・・・

残念ながらほとんどアクセスは見込めません。もちろん全くではありませんが一桁か、良くて二桁行くか行かないかではないかと思います。それで満足であればこの話はこれまでです。ただしブログで収益化を目指しているならこれで満足してはいけません。

以前のブログでも取り上げましたが、おさらいをしておくとアドセンスでもASP広告でもクリック率(CTR)というものが平均して1%と言われています。計算式は以下の通りです。

クリック率(CTR)=クリック数 ÷ インプレッション数

この計算式から分かるのが平均クリック率が1%ということは、100件のアクセスがあって始めて1クリックされるということです。つまりアクセス数が全ての決め手になるのです。ただはっきり言えるのことは・・・

ブログを上位表示させるにはかなりの時間がかかります

多くのブロガーも上位表示させるために懸命に努力しています。中にはSEOを専門にした業者にお金を払って上位表示させようとしています。しかしそれも確実ではありません。

どうやって上位表示させるのか?

結論から言えば奇跡的に1日や2日で達成できるものではありません。検索上位を狙うにはまずこの「SEO」とは何か?という点を理解しておく必要があります。

Search Engine Optimizaitonの略です。訳せば「検索エンジン最適化」となります。

WEBポジショニングともいうようですが、検索エンジンからキーワード検索をした場合に特定のウェブサイトやブログ記事が上位表示されるようにコンテンツの内容を調整することを指しています。

つまり検索ニーズに適したキーワードを使ったコンテンツを作り上げることです。以前のブログでもご紹介しましたが「キーワードプランナー」や「Ubersuggest」「aramakijyake」といったツールで特定のキーワードの検索ボリュームを無料で簡単に調べることができます。

自分が思い付いたタイトルや記事作成はNG

え?自分のブログなのに自分なりの表現やキーワードは使っちゃ駄目なの?と思われるかもしれません。駄目な訳ではありません。自由にコンテンツを作り上げていってもいいのですが、まず上位表示は無理です。

まずは検索ニーズのあるキーワードを使ってタイトルや記事を書くようにしましょう。もちろん既に特定のキーワードのサイトは沢山あります。そこで参考になるのがサジェストキーワードです。あるキーワードの次に来るキーワードを考えることです。

これが「ズラし」のテクニックに関係します。

これは意外に効果がすぐに見えます。あるキーワードで検索するユーザーは皆同じではありません。例えば「ラーメン」という人気キーワードで記事を書く場合、ラーメンの次に来るキーワードが大切です。「ラーメン・人気店」なのか「ラーメン・豚骨」なのか「ラーメン・東京駅周辺」なのか、いろいろな検索がなされます。

つまりユーザーは何が知りたいのか?という点を絞って競合の少ないキーワードで記事を書いてくことです。そこを狙ったタイトルや記事を書いて行けば十分上位表示を狙うことが可能になります。

ブログが上位表示されるとどんなことが起きるのか?

そうやってブログが上位表示されていくとどうなるのでしょうか?

結論から言えば検索されやすくなります。つまりアクセス数爆伸びします。1記事に1日100件・200件とアクセスされます。複数の記事がそれぞれアクセスを稼げるようになると1日2000〜5000件または1万件を稼ぐことも可能になります。

そうなるとアドセンスASPアフィリエイトも確実に成果をもたらしてくれるようになります。1度検索上位になると余程のことがない限り(アルゴリズム調整など)そのままキープされ続けます。つまりずっと収益をもたらし続けてくれるのです。

大切なのはブログに対する情熱

最後に上位表示させるためにはテクニックも大切ですが、最終的にはブロガーの熱意にかかってきます。どれだけボルテージを維持してブログに取り組めるかが鍵となります。

ブログの質を落とさずに記事を更新させるにはかなりの根気が求められます。最初からブログが評価されることはありません。アドセンスAmazonアソシエイト楽天アソシエイトなどのアフィリエイトも審査を通過するまではかなりの労力が求められます。

何度も挫折を経験してようやく芽が出るものなのです

副業レベルでブログを始めたとすれば、それほど意気込みが最初から無かったかもしれません。隙間時間を使ってブログを立ち上げたものの予想より成果が出ないとしても本業があるのでそれほど問題は無いかもしれません。

しかし、言わばそうした「逃げ道」があると「いつでもいいや」「気が向いたら」という取り組み方になってしまいがちです。そうしたコンテンツには魂が感じられず雑多ブログの1つに埋もれてしまう可能性があります。

自分にはこれしかない!という真剣さがブログの価値を上げていくのだと思います。

 あなたはどれだけ真剣ですか? 

ブログは自分の資産を増やすことにもなります

ネット社会は今後も続く

近年情報交換の中心となっているは専らネットからもたらされるものです。様々なSNSを通して多くの情報が拡散されていきます。各企業がリモートワークを取り入れる時代にネット社会は益々進展していくものと思われます。

個人でもこのネット社会に参入して自身のコンテンツを展開して収益化することでこの時代の流れに取り残されることなく生き残ることができます。

そのツールが「ブログ」なのです

ブログは誰でも気軽に始めることができる電子媒体でもあります。もちろん始めるにはネット環境を整えることや電子情報を発信させるためのパソコンやタブレット機器などを必要とします。常に最新のものである必要はありません。

それが難しいと言う方はここまでになりますが、何かを新たに始めるには一番低コスト簡単有益性の高い手段を捨てていることになります。

ブログは資産として永久に残ります

ブログを一度ネット上にアップロードさせるとそのコンテンツは本人が消さない限り永久に残ります。もちろん公開・非公開を選択できるので単なる「日記」ツールとして活用することもできます。

ただそのためだけですと「資産」にはなりません。

ブログを収益化することで貴重な財産に生まれ変わることできます。つまりブログから収入が発生して資産化することができるのです。しかもせっせとブログを描き続ける必要はありません。一度構築してしまえばあとは何もしないでも勝手に収益をもたらしてくれるのです。

日本の最低賃金はいくらかご存知ですか?

全国一律ではありませんが一番高くて東京の時給¥1,013で、安いエリアでは岩手・青森で¥793、北海道の¥861と続きます。仮に時給¥800で8時間労働した場合の日当は800✖️8=¥6,400となります。8時間コンビニなどで働くと体への疲労はそこそこきませんか?

ブログで月3万稼いだとするとコンビニで4〜5日分働いたことになります。しかも家でコタツに入ってみかん食べながらお笑い番組を見ていてもです。つまり何もしなくてもネットでブログを見る人々が収益をもたらしてくれるのです。

もうお分かりですね?

一度収益化が確立されれば余程のことがない限りその権利は構築されていきます。もちろん絶対というものはこの世の中にはありませんから、完全な保証はありません。でも歴とした資産になることは間違いありません。

ブログがなぜ資産と言えるのか?

資産というのは大袈裟な表現だと思われるかもしれません。しかしある程度ブログ運営をしてある程度収益が生まれているコンテンツは土地や権利と一緒で「売買」することができます。

その金額はいくらだと思いますか?

100万円以上が相場です

これって立派な資産ではありませんか?

自分の愛車でも中古で買い取ってもらってもっと安い場合が多いかもしれません。ネットにも収益性のあるブログやサイトのM&Aを専門に行っている業者もいます。専門業者にお願いすれば買い手も見つけてくれ手数料も僅かです。

複数のブログを運営していてそのうちの1つに手が回らなくなったりしているのであれば売却してしまえばいいのです。もちろんブログ運営から完全に撤退したい場合も売却することでまとまったお金を得ることが可能です。

最初は気軽な気持ちから始めたブログが一つの立派な資産にになることがお分かりいただけたと思います。もちろんブログを資産化させるにはそれなりの努力が必要になります。ただ身を削るほどの労力は要りません。

一般的に資産としているものには「純金」だとか「宝石」や「高級車」「住宅」「株」などの有価証券が上げられるかと思います。これも歴とした資産ですがごく少数の富裕層の人しか持てないものでもあります。

しかし!ブログは一般の人でも持てる歴とした資産になります。何もしないでいるのではなく、ぜひブログを始めてみませんか?その一助になればと思いこのブログを運営しています。

何から始めればいいの?

まずは無料ブログから始めましょう!

サイトを検索すれば無料で始められるブログサービスがたくさんあります。このはてなブログもその1つです。はてなブログを始めたい方は記事上にあるバナーをクリックしてください。

何を書けばいいのか分からないという方はこちらをご覧ください。

jwwatermanblog.com

ブログはとても素晴らしいツールです。自分のブログが他の大勢の人に見てもらえて評価されることほど嬉しいものはありません。自分なりの表現でコンテンツを作成できます。言わば一つのクリエイティブな作業でもあります。

いろんな気付きや勉強が関係してきますので、自分自身の成長にもなります。ユーザーからコメントから励ましてもらえたり交友からもメリットが生まれます。確かに作業は孤独でもアップロードした記事を見る大勢のユーザーを思い描いて行けばとても楽しい作業になるのです。

最初は誰も目にも止まらないとしても諦めずにブログを作成しましょう!きっと誰かがそのブログを見つけて反応してくれます。ブログをやっていて良かったと思う日が必ず来ます。諦めないで頑張りましょう! 

ブログの滞在時間を伸ばすことはなぜ大切か?

ブログの価値はどうやって評価されるのか?

 自身のブログはどうやって評価されているかご存知でしょうか?主にGoogleからの評価はブログの生命線と言っても決して過言ではありません。

その評価にこの「ブログの滞在時間」が関係してくるのです。

ブログが読まれるかどうかは最初の10〜20秒で決まります。

ブログの滞在時間はGoogleアナリティクスなどの解析ツールを見れば分かります。既に自身のブログに紐付けされているかと思います。そのデータを見ると「平均セッション時間」という項目があります。

これはあなたのブログにアクセスしてどれだけ滞在していたかの平均です。これにはPV数も関係してきますが、単純に100人がアクセスして50人が45秒で残りの50人が15秒だとすれば平均時間は30秒となります。例えコアなユーザーが数人1分以上滞在しても、残りの大半のユーザーが10秒〜20秒で離脱した場合、平均セッション時間は30秒以下となります。

つまり滞在時間が長ければ長いほどあなたのブログが読まれているという判断が下されコンテンツの有益性が評価されます。そうなれば検索画面での上位表示がなされます。この上位表示こそがPV数を激増させるポイントになるのです。

どうやって滞在時間を伸ばせるのか?

  1. 知りたい答えを冒頭で扱う
  2. 内部リンクを活用する
  3. 検索窓や記事の一覧を表示する
  4. YouTube動画を添付する

1、知りたい答えを冒頭で扱う

端的に言えばコンテンツに惹き付けられる要素があるかないかです。

お悩み解決系のブログであれば10〜20秒のうちに「このブログには答えがある」と判断するか「このブログには答えがない」と判断されるかのどちらになるかで決まります。

この点では以前のブログにも取り上げましたが、記事の書き方にも大きく左右されます。基本的なことですが、何かの悩みの答えを知りたいというユーザーにとってなるべく早く提示して上げることが極めて重要です。

やってはいけない記事の書き方は「回りくどい文章」です。

 答えを知りたいユーザーにとって時間は貴重です。答えのズバリを書く前に蘊蓄(うんちく)を語りたくなるブロガーも多いかと思います。折角引き付けるタイトルやキーワードを選んでアクセスしてもらったのに「なかなか答えが見つからない?」となればすぐにユーザーは次のブログへ移動してしまいます。

非常に勿体ないことです。

それでこうした事態を改善するためには答えをまず冒頭で扱うようにしましょう!

それから根拠や説明文を続けます。知りたい答えが見つかれば余裕が生まれ、その根拠や説明も読まれる可能性が高くなります。そうなれば自ずと滞在時間が延長されコンテンツの評価となります。

2、内部リンクを貼る

 ブログの内容によっては以前に取り上げたコンテンツを参照してもらうと分かりやすいものもあります。あるキーワードが出てきた時にも以前のブログで詳しく紹介しているのであれば内図リンクを貼ることで簡単にその記事にジャンプできます。

jwwatermanblog.com

こんな感じで以前のブログを紹介すればそのページを読んでもらいやすくなります。こうした時間全てがあなたのブログの滞在時間に繋がります。

3、検索や記事一覧を設置する

もっと知りたい情報がある場合に検索して辿り着きたいユーザーもいます。そのために検索窓を設置しておけばブログ内の検索したキーワードのブログ記事が表示されます。それによっても記事が長く読まれることになります。

最近の記事の一覧があれば関心がありそうな記事を読んでもらえる可能性が高くなります。自身のブログの中をいろいろと検索してもらえばもらうほど滞在時間が伸びていきます。

4、YouTube動画を活用する

ワードプレスなどのブログサービスの中にはサイドバー(固定画面)などに動画を貼ることができるようになっています。ブログ画面に居ながら動画も見ることが可能です。動画が好きな人はずっと見入ってもらえるので必然的に滞在時間を伸ばすことにもなります。

しかし

外部リンクになるような貼り方は避けてください。一度外部リンクに飛んでしまうと、たとえを動画を長時間見てもあなたのブログに滞在する時間にはカウントされません。ASP広告も売れれば問題ありませんが、やたらと貼り付けていると外部リンクに移動したまま終わり結果として滞在時間は減少します。

うまく活用すればいいツールになります。

ブロガーの皆さんはいつもコンテンツ作成の際にはこの滞在時間をいかに長く保てるかが課題になると思います。見出しの付け方や記事の見やすさも大きく関係してきます。

どうすればそう言ったライティング技術を身に付けることが可能なのでしょうか?

以前にも取り上げましたが・・・

既に人気のあるブログから知恵を盗むことです。

「盗む」という言葉はあまり良くありませんが、ヒントを学ぶという意味です。ただ全く同じものにしてはいけません。それは本当の盗作に当たります。あくまでもヒントをもらうことです。

面白いコンテンツはそれだけ作り込んでいるものがほとんどです。じっくりと構成や文章を考えて組み立てています。つまり良く練られた記事だからこそユーザーにも価値を与えることができるのです。 

特化型ブログのメリットとは?

特化型ブログとは?

特化型ブログとは読んで字の如く何かに特化したコンテンツのブログ記事のことです。つまり何かの専門性や特異性のある分野のブログのことです。この分野でのブログは何かの技術や経験が無いとコンテンツとして成り立ちません。

初心者ブロガーの多くはこれといったジャンルが無いためオールマイティーなジャンルを取り上げた雑記型になっているのが現状です。またレビュー系のブログも特化型とは言い切れないジャンルです。

大きく違うのは特化型ブログはコンテンツの寿命が長いことです

雑記系はその時の話題になったことや物が多くなりますし、レビュー記事も同様です。例えば新しいiphone○△が発売されると手にした際のレビュー記事を載せますが、大体最初の1ヶ月くらいがメインで多くの人に出回っていくとそうした記事はほとんど見られなくなります。

飲食店のレビュー記事も同じです。お店の看板メニューが変わったり、閉店してしまったりするとコンテンツを変更したり削除しなければならなくなります。放置しておくと記事の信憑性が失われブログ全体の評価が下がることにも成り兼ねません。

移り変わりの早いものは記事の旬も早い

これとは反対に何かに特化したコンテンツは時間の経過にも強くジワジワとユーザーからのアクセスが増えて行きそれが持続します。

特化型ブログになるテーマとは?

簡潔に言えばあまり時代の変化に左右されない分野と言えます。

例えば・・・

  • 電気・ガス・水道などのテーマ
  • 公園や観光地・神社など
  • 交通機関(電車・バス・飛行機)
  • 自然のもの(野菜・果物など)

1、ライフライン系の記事

電気・ガス・水道といった生活に欠かせないライフラインはどんな人にも共通の問題があります。今のところこれに変わるエネルギー源やライフラインはそう簡単に生まれません。

日常に起きるトラブルをどう解決したらいいのか?こういったブログ記事は困った時に多くのユーザーからのアクセスが見込めます。ライフラインの形態が今後も変化しないためトラブル事例も変わりません。

因みに自分のブログもこのジャンルです。今では月に1〜2記事更新するかしないかの状況ですが、毎日2000PVくらいアクセスがあります。これによって安定的な収益を得ることが可能になります。

2、公園や観光地・神社などの記事

これには遊園地などのテーマパークは含まれません。今ほとんどの遊園地が経営困難に陥っているというニュースを聞いたことがあります。つまり時代の流れで消失してしまうものは含まれません。

国立、都道府県立の公園や市区町村の設置した公園も都市計画の基準から滅多に廃止されることはありません。どの公園が穴場なのか?どんな遊び場があるのか?アクセス方法や入園料やパーキングの情報を載せたブログは根強いアクセスが見込めます。

観光地の案内や名所などのレポート記事も楽しそうな内容にすれば旅行や観光巡りに関心あるユーザーからのアクセスを見込めます。神社仏閣も同様です。

3、交通機関についての記事

鉄道マニア・航空マニア・バスや車好きのユーザーに根強い人気を獲得しやすいものです。これらも時代の変化に左右されません。コンテンツも幅広く展開できますのでネタに尽きることはまずありません。

特定の場所に行くための乗り継ぎ方法や電車だと何両目の車両に乗ると移動しやすいとかいろんなポイントなどを専門的な知識と一緒に情報提供すれば興味深いコンテンツになります。

撮影ポイントはどこか?人気の乗り物は何か?シリーズ化して記事を連載すれば興味のある人にとって面白い記事になります。

4、自然なもの

野菜や果物についての記事やガーデニングで知られる園芸系のコンテンツも時代に左右されることがありません。野菜や果物、花や苗木などの育て方や調理の仕方、このジャンルもネタに尽きることはなく、幅広い支持層からのアクセスを見込めます。

栽培農家を特集したり、体験できる企画を紹介したり自然とコミュニティーも作りやすくなります。素材を生かした美味しい料理を紹介するのもOKです。

ただし「お店」はやめておいた方がいいかと思います。上記にもありますが、そうしたブログも自由ですが常に記事を最新に保つことに神経が入ります。自分が食べた料理を紹介してもお店が閉店になったり、メニューから無くなったりしたら記事を変更もしくは削除しなければならなくなります。余計は手間がかかります。

特化型ブログのデメリットを挙げるとすれば

爆発的なアクセスは無いということです。

1記事で何万PVとか何十万PVといった人気記事にはなりません。一気に稼ぐという方が理想という方はそれでもいいかもしれません。ただしそういったブログは短命で記事がすぐに廃れてしまうのは生みの親のブロガーにとっては悲しいことになりますよね。

ブログで生計を立てていくことは簡単ではありません。ほぼ無理と言っても過言ではありません。

大抵の方はまずは副業で始めて収益が本業を上回るようになって初めて考えられるのかもしれません。なかなかそこまで到達できる人は多くありません。まずは地道に1万、2万、3万と徐々に利益を得ていく方法が堅実です。

その方法で確実なのはこの特化型ブログです。時代の流れに左右されず一度ブログを築けばそれは資産になります。つまりずっと残り続け収益を産み続けてくれる資産なのです。

ブロガーの皆さん頑張って生き抜いて参りましょう!

ユーザーの目線に立ったブログを書こう!

ユーザーが見て良かったと思うブログとは?

端的に言えば「自分の知りたい答えやヒントが分かる」ブログです。

あなたのブログはそれが達成できていますか?意味もなく感じたことをツラツラと書き殴っていませんか?デザインやスタイルはバッチリでも大切なのは中身です。

つまりコンテンツがユーザーのためになるかどうか?情報が助けになったかどうか?を考えるべきです。「このブログを見ればきっと自分が知りたい情報がある」と確信していただけるものであるべきです。

なぜか?

ブログは映像ではありません。

え?どういうこと?と思う方もおられるかと思います。今の時代に情報発信の最高のツールは「YouTube」です。あらゆる人がYouTubeを投稿しています。はっきり言って「ブログ」はそれよりもかなり弱い情報発信ツールと認めざるを得ません。

YouTubeなら一般の人の生活や考えを動画にして流せばハマる人もいます。現に皆さんもチャンネル登録されているお馴染みのYouTuberさんがいらっしゃるのではないでしょうか?

そうです!映像ならそれなりにリアルな情報源として魅力があります。が!ブログはあくまでも電子的とは言え「文字媒体」に過ぎません。一般的に暇な時間があればYouTubeブログのどちらを見ようと思いますか?

実は自分も昨年からYouTubeで動画を投稿しています。今はまだチャンネル登録者数が140人を超えたくらいしかいません。でもなんの変哲もない一般人のチャンネルに140人も登録してくれるのです。いかにYouTubeの発信力が強いか分かりますか?

しかしブログは違います。

つまりあなたのブログのどこが他のブログと違うのか?その違いが無いならブログは生かされないことになります。数多くの雑記ブログに埋もれてしまいそこそこのPVは稼げるもののアドセンスでも月1万コンスタントに稼げるかどうか微妙かもしれません。

アドセンスの場合は月8,000円超えないと振り込まれません。

やはりPV数を稼がなければ収益は生まれません。そのPV数を稼ぐのに必要なのはコンテンツの有益性です。ユーザーがあなたのブログに常にアクセスする確率が高ければ高いほど収益性が高まります。

その秘訣が「検索ユーザー」の目線になった有益なコンテンツなのです。

何かのテーマを取り上げる際にはできるだけ分かりやすく説明しましょう。

例として時事ニュースを取り上げると「給付金」をどうすれば受け取れるか?というブログ内容にするなら、さらっと概略を説明する記事では不十分です。良く調べてどういう人が対象でどうやって申請するのか?いつからいつまでどこの窓口に提出するのか?必要な書類は何か?見落としがちな点をピックアップして強調したりすると見やすくためになります。

そいうった記事は対象に思えるユーザーや関心あるユーザーに注目され、分かりやすいものであれば自然とアクセス数が上がり検索上位に表示されます。被リンクも多くなりあっという間にそのコンテンツが一番人気のブログになっていきます。

一番人気のブログを作る

そうなるとユーザーにためになる記事を書くことの素晴らしさに気付きます。自ずと次の記事もユーザーの目線に立った内容になるように記事作成していきます。それが重なってあなたのブログにアクセスが集中するようになります。

この傾向をGoogleは高く評価して検索ページの上位に表示させるようになります。そうなれば自ずとPV数が増えその価値が下がることは滅多にありません。時折記事のリライトを行ってよりコンテンツの質を上げていきます。徐々にアドセンスアフィリエイトも収益が増加していきます。

ここで「ユーザー目線に立ったブログ」を書いて良かった!と思うのです。

 ブロガーの皆さん!早く気付きましょう。自分善がりのコンテンツを作成して満足することは卒業して「ユーザー目線のブログ」を書きましょう。