google-site-verification=cDop1UxrP9mlJcOp7tSbnMsxMdxNKSSVybqMsilDV6g

ブログで稼ごう!ブロガー応援団

ブログで収益化で一緒に頑張ろう!

ユーザーの目線に立ったブログを書こう!

ユーザーが見て良かったと思うブログとは?

端的に言えば「自分の知りたい答えやヒントが分かる」ブログです。

あなたのブログはそれが達成できていますか?意味もなく感じたことをツラツラと書き殴っていませんか?デザインやスタイルはバッチリでも大切なのは中身です。

つまりコンテンツがユーザーのためになるかどうか?情報が助けになったかどうか?を考えるべきです。「このブログを見ればきっと自分が知りたい情報がある」と確信していただけるものであるべきです。

なぜか?

ブログは映像ではありません。

え?どういうこと?と思う方もおられるかと思います。今の時代に情報発信の最高のツールは「YouTube」です。あらゆる人がYouTubeを投稿しています。はっきり言って「ブログ」はそれよりもかなり弱い情報発信ツールと認めざるを得ません。

YouTubeなら一般の人の生活や考えを動画にして流せばハマる人もいます。現に皆さんもチャンネル登録されているお馴染みのYouTuberさんがいらっしゃるのではないでしょうか?

そうです!映像ならそれなりにリアルな情報源として魅力があります。が!ブログはあくまでも電子的とは言え「文字媒体」に過ぎません。一般的に暇な時間があればYouTubeブログのどちらを見ようと思いますか?

実は自分も昨年からYouTubeで動画を投稿しています。今はまだチャンネル登録者数が140人を超えたくらいしかいません。でもなんの変哲もない一般人のチャンネルに140人も登録してくれるのです。いかにYouTubeの発信力が強いか分かりますか?

しかしブログは違います。

つまりあなたのブログのどこが他のブログと違うのか?その違いが無いならブログは生かされないことになります。数多くの雑記ブログに埋もれてしまいそこそこのPVは稼げるもののアドセンスでも月1万コンスタントに稼げるかどうか微妙かもしれません。

アドセンスの場合は月8,000円超えないと振り込まれません。

やはりPV数を稼がなければ収益は生まれません。そのPV数を稼ぐのに必要なのはコンテンツの有益性です。ユーザーがあなたのブログに常にアクセスする確率が高ければ高いほど収益性が高まります。

その秘訣が「検索ユーザー」の目線になった有益なコンテンツなのです。

何かのテーマを取り上げる際にはできるだけ分かりやすく説明しましょう。

例として時事ニュースを取り上げると「給付金」をどうすれば受け取れるか?というブログ内容にするなら、さらっと概略を説明する記事では不十分です。良く調べてどういう人が対象でどうやって申請するのか?いつからいつまでどこの窓口に提出するのか?必要な書類は何か?見落としがちな点をピックアップして強調したりすると見やすくためになります。

そいうった記事は対象に思えるユーザーや関心あるユーザーに注目され、分かりやすいものであれば自然とアクセス数が上がり検索上位に表示されます。被リンクも多くなりあっという間にそのコンテンツが一番人気のブログになっていきます。

一番人気のブログを作る

そうなるとユーザーにためになる記事を書くことの素晴らしさに気付きます。自ずと次の記事もユーザーの目線に立った内容になるように記事作成していきます。それが重なってあなたのブログにアクセスが集中するようになります。

この傾向をGoogleは高く評価して検索ページの上位に表示させるようになります。そうなれば自ずとPV数が増えその価値が下がることは滅多にありません。時折記事のリライトを行ってよりコンテンツの質を上げていきます。徐々にアドセンスアフィリエイトも収益が増加していきます。

ここで「ユーザー目線に立ったブログ」を書いて良かった!と思うのです。

 ブロガーの皆さん!早く気付きましょう。自分善がりのコンテンツを作成して満足することは卒業して「ユーザー目線のブログ」を書きましょう。