google-site-verification=cDop1UxrP9mlJcOp7tSbnMsxMdxNKSSVybqMsilDV6g

ブログで稼ごう!ブロガー応援団

ブログで収益化で一緒に頑張ろう!

ブログアフィリエイトがなかなか稼げないのはなぜか?

アフィリエイトの仕組みを理解する

f:id:jwwaterman:20201219085347j:plain

誰でも簡単にネットビジネスを始める手段は「ブログアフィリエイト」ではないでしょうか?

しかし始める前にアフィリエイトの仕組みを正しく理解している必要があります。

アフィリエイト=成果報酬型広告

これは企業などからの商品やサービスを自身のブログやサイトで紹介して、その広告から実際に商品購入やサービスの申し込みが発生した場合に報酬が支払われる仕組みのことです。

この仕組みをよく理解しておきましょう。

つまり、ブログに広告を掲載してたとえクリックされたとしても企業ページに行ってからそこで実際に購入または申し込みがなされないと報酬は一切発生しないということです。

インプレッション数とは何か?

f:id:jwwaterman:20201219145436j:plain

imp」と表示されることが多いですが、この「インプレッション」とは単純にぶログやサイトで掲載された広告が見られた回数のことです。

あなたのブログを見た時に1つの広告が1回表示されることになればインプレッション数は1です。これと混同しやすいのが「PV数」(ページビュー)です。

PVとは何か?

これはユーザーがあなたのブログを見たページ数です。ですからこの数字とimp数が同じになるという訳ではありません。例えばブログに広告を2つないしは3つ掲載していればユーザーが1回あなたのブログを見た場合PV数は1ですが、imp数は3になります。

これと勘違いしやすのがクリック数(CT;クリックスルー)です。

これは広告が実際にクリックされた回数のことです。ですからimp数が1日で50とか100とかそれ以上の場合もありますが、これはブログの掲載した広告数によりますが1記事に5つ広告表示させていれば10人か20人のユーザーがあなたのブログを見たということに過ぎません。

この数はブログを始めてすぐにカウントされるものですが、決して報酬が発生している訳ではありません。もちろん多くのユーザーの目に止まらなければ元々意味がありませんが、この数字が多いことで何か成果が生まれていると安易に考えない方がいいです。

広告をクリックされることは簡単ではない

広告だらけのブログやサイトをあなたは見たいと思いますか?

特に自分に全く興味の無い広告が多いとブログすら見てもらえなくなります。広告をクリックされるにはそれなりの誘導するための技術が求められます。

ブログを始めたばかりの方でしたら、当然そのスキルを持っている訳ではありませんし、たとえ経験者から学んだところで真似してもすぐに上手くいくはずもありません。

ブログに広告を掲載するためには申請許可が必要なものもあります。

f:id:jwwaterman:20201231231929j:plain

 

大手企業であれば審査は当然厳しくなります。ブログの運営状況や掲載して収益が見込めるのか?厳選に審査されます。完成度の低いブログには企業側のイメージにも繋がるためかなり広告掲載は難しいです。

 

そうなると即日掲載可能な企業広告を選ぶことになります。そしてその企業の商品やサービスが自分もどんなものかもよく知らないのにブログで宣伝することになります。

果たしてどれだけの人が購入していただけるでしょう?

恐らく0です。

ブログの内容とリンクしているとしてもユーザーは見たことも聞いたこともない企業の商品やサービスを購入することはありません。それで安易にアフィリエイトできる広告を掲載して収益を狙うのは無意味です。

儲かっているアフィリエイターはそれなりに苦労している

アフィリエイトで月30万、50万、100万稼いだという事例を見ると、ついつい自分もそうなりたいからそうなれると安易に想像しがちですが、成功の背後には大変な苦労が付き物です。

稼いでいるアフィリエイターはこれまでスキルを磨くために数百万円のセミナー代や情報教材を購入して必死に頑張ってきたのです。自分にそんな覚悟があるか?と問われればいかがでしょうか?自分は無理でした。あなたは借金してでも工面して頑張れますか?

そんな業界に参入して簡単に稼ぐことなど到底できません。

ブログでアフィリエイトすることは相当な覚悟がなければ成功することはありません。もちろんブログで稼ぐことはできます。ただし正しい手順で正しい知識で取り組まないと全てが無駄になってしまいます。

ネットビジネスは始めやすくリスクも少ないため誰でも参入しやすいものですが、それだけ誰でも成功できる訳ではないということも知っておく必要がありますね。