google-site-verification=cDop1UxrP9mlJcOp7tSbnMsxMdxNKSSVybqMsilDV6g

ブログで稼ごう!ブロガー応援団

ブログで収益化で一緒に頑張ろう!

ブログの情報は何でもユーザーに価値を与えるのか?

 ブログは単なる日記ではない

f:id:jwwaterman:20210104110727j:plain
 

ブログを日記と思って運営している人は少ないと思います。かつては自分の日常をつらつらと綴るものがブログだと思われていました。もちろん何を書いても自由なので問題ありませんが、あくまでも個人的なツールとして活用されていたことがありました。

今ではブログは1つのビジネスツールとしてより戦略的に運営し、収益性を伴うものとして活用されています。そのためより多くのユーザーに検索されブログ記事を読んでもらうことが重要なポイントになってきています。

自分は利益とは関係なくブログを運営しているという方はこの後の記事はあまり読まなくてもいいです。しかしブログを収益化して運営したいと思われる方は是非参考にしていただければと思います。

どんな情報に価値があるのか?

何か特別な技術や能力や経験が無ければブログで情報を提供することはできないのでしょうか?・・・

答えは「いいえ

そもそも「情報」とは何でしょうか?

端的に言えば「伝えられる内容」であり、伝達行為において提供される事実、知識、データなどのことです。もう少し踏み込んで言えば受け手が状況に対する知識をもたらしたり、適切な判断を助けたりするものということができます。 

この意味からすると提供できる情報とは、多岐におよぶ様々なことがその情報になり得るということになります。つまり誰でも「情報の発信者」になり得るということです。

例えば、何かを作ったり、直したり、キレイにしたり、成功したり、失敗したり、面白かったり、腹が立ったり、嬉しかったりすることなど全てから得られるエピソードや経験が立派な価値ある情報になるということです。

何かの道具や製品がうまく動かないという場合に、あなたが以前に対処した方法があればそれを説明することでその情報を必要とする人にその時のノウハウを知らせることで価値ある情報を提供することになるのです。

情報に価値があるか無いかはユーザーが決める

ユーザーの悩みを解決するような内容のブログであれば十分な価値提供となりやすいですが、そうではない感じのブログ(日常茶飯事や雑記)にはそれほど情報に価値が無いと言えるのでしょうか?

同じ境遇や同じ状況に立たされている人は何処かに必ず存在しているのではないでしょうか?身近に居なくてもインターネットを介して繋がる大勢のユーザーの中には共感できる人が必ず居るはずです。

そのようなユーザーからすれば何気ない記事の情報でも大きな価値を与えます。上記にある通り、それが『状況に対する知識をもたらしたり、適切な判断を助けたりするもの』になるからです。どんな些細な出来事でも価値は提供できるということになります。

多くのユーザーに認められるには?

多くのユーザーに価値を提供するには、より多く経験する出来事でなければなりません。希少な出来事ではごく限られた人にしか共感が得られません。コアな情報になればなるほど提供できるユーザーは限られてきます。

ニッチな分野でブログを書いている人もいますが、なかなかPVの数も伸びなくなります。それでも構わないという方もおられるかもしれませんが、もっと多くのユーザーに知って欲しいと思うならまず戦略を練ることです。

検索ボリュームを調べる

自分のブログのタイトルキーワードは一体どれほど検索数があるのか?ということを調べる必要があります。検索量を調べるツールがいろいろあります。簡単なのは検索窓に自分のブログのタイトルの最初のキーワードを打ち込んでください。その時にサジェストキーワードに幾つ事例が出て来るかを見ましょう。

 

f:id:jwwaterman:20210319075738j:plain

 

1つも出て来ない?となると”検索する人はいない”と判断できます。つまりニッチ(隙間)過ぎるのです。そうだといくら同じ感じでブログを更新しても目立たずに埋没してしまいます。非常に無駄な時間を使ってしまいます。

価値の無い情報もある

今日情報商材を扱う業者やブロガーは数多くいます。それは情報がお金になることを熟知した人たちです。特に収益性を高めたいと考えるブロガーなどに非常に魅惑的なコメントで働きかけてきます。

このご時世ネットを使ってお金を稼ぎたいと思う人はごまんといます。しかも不労所得だとかストック型ビジネスだとか聞き手の心を揺さぶる言葉で近付いてきます。無料のセミナーなどに参加しても最終的には数十万円もする教材や定期コンサル料を支払うように促されます。

その全てが価値が無いとは言いませんが、大抵のものは無駄に終わります。もし良ければこちらもご覧ください。👇

 

 

ブログを楽しみながら運営する

f:id:jwwaterman:20201226123305j:plain

やはりブログはやってて楽しいと思えないとなかなか続きません。収益化してもなかなか思うような成果が得られないという状況はブログに対する熱量を下げてしまう要因にもなり得ます。

確かに収益があるかないかで言われればあるに越したことはありませんが、しかし、たとえ無くてもブログは楽しめます。まずブログの記事を書くことで文章力や表現力は確実に上がっています。画像やイラストを挿入して想いのままの記事を書けます。言わばクリエーションを行なっています。

その関連でクラウドワークスのような記事作成の仕事を行うこともできるようになります。記事ライターとしてデビューすることも十分可能になります。更新することが辛い時期も確かにあります。でもその先の成長した自分を思い描いて日々乗り越えていけますように。